STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

やっぱりコーヒーっていいもんですね!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日はカフェココアッソのお話。

昔からコーヒーが好きで、今では何気なく毎日コーヒーを豆から挽いてペーパードリップで淹れて楽しんでいます。

特段気合いを入れるような出来事じゃなく、生活の中の一部になっています。

実際そんなに手間もかからないですし、ペーパードリップだと片付けも簡単ですからね。

そんなカフェココアッソでは何が出てくるかわかりません

その時の気分によってどんな豆があるかボクにもわかりませんからね!

それなりに色々研究していまして、味わいも色々ありますよってことです。

 

  • カフェココアッソではどんな豆で淹れているのか?

簡単に説明をすると、コーヒー豆には大きく分けると2つに分類されます。

アラビカ種ロブスタ種というどこかで聞いたことがある名前に分類されます。

最近はコンビニコーヒーもアラビカ豆を使ってますというPOPを見たことがありますよね。

これは、コーヒーはコーヒーでも遺伝子レベルで違う種族になるんですね。

この二つのうち、アラビカ種のほうがいわゆるスペシャリティコーヒーに使われる美味しいコーヒーとなるのです。

この品種は栽培が難しく、収穫量もそんなに多くないなど大変だからこそとても美味しい一杯になります。

もう少し掘り下げるとこのアラビカ種の中でも様々な品種が現在存在していて、それぞれテイストが違うのです。

面白いですよね。

例えば、ボクが大好きな猿田彦珈琲は毎月豆が登場します。

みんなテイストが違います。

このいちょう並木ブレンドとグアテマラのシングルオリジン(グアテマラの単一農園ものって意味)はどちらもグアテマラを使ってます。

でも、そのグアテマラ産地のアラビカ種の豆でも品種が違うのです。

だから当然風味、テイストが違うんですよ。

当然焙煎度合いによって変わりますけど、そのベースとなる豆の品種で結構変わります。

上がいちょう並木ブレンドで下がグアテマラです。

豆の大きさが違うのが分かりますかね?

マニアックに言うと、いちょう並木ブレンドに使われているのはおそらくブルボン種、グアテマラシングルオリジンはパカマラ種で、同じアラビカ種に属しているにも関わらず違うのです。

この辺りがマニアにはたまらないんでしょうね。

 

そして!

それら二つとは全く違うテイストなのが、この島珈琲BY短パンコーヒー!

同じモノはもう二度と手に入らないであろう、知っている人は知っているし知らない人は全く知らないあのコーヒーです。

フルーツ感がサイコーのコーヒーですね。

これはおそらくエチオピアのイルガチェフェ地区の豆をベースにしているんじゃないかな。

豆の感じでだいたい分かります。(どーでもいいですけどね)

あと焙煎度合いがこっちのほうが浅いから色が違いますよね。

 

  • まとまらないので、まとめ

どうせ飲むなら美味しいコーヒーがいいですよね?

たぶんカフェココアッソのコーヒーを飲むと、ス〇バとかタ〇ーズとかド〇ールとかもう飲めなくなります(苦笑)

飲んでもいいけど、こんなに違うのかって思うと思います。

猿田彦珈琲だけは違いますけどね!

美味しいコーヒー飲んでますか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top