STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

バーズアイ 落ち着き感を出したい時に有効な柄です

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

バーズアイという柄の生地があります。

オーダースーツを仕立てる時に悩ましくも、楽しいひと時にまずどの生地を選択するか?が必ずあります。

生地を選ばなければ先に進めませんからね。

ボクは営業支援スーツという概念で経営者、ないし営業パーソンの方に多くのご提案をしているわけですが、その選択基準で照らしわせてみると意外なほどシックな方向になる場合が多い。

オーダースーツとはけっして異質で派手な、どこにも無いような色柄を選択するということではないんですね。

ましてビジネスで着用するべきスーツなのであれば、なおさらです。

自分の立ち位置、あり方、振る舞いをどう見られたいかという結果からアプローチをすると答えがおのずと見えてきます。

そこで今日は一つだけオススメの柄のご紹介。

それがバーズアイという柄です。

パッと見は無地ライクな印象です。

近づいて見るとどうでしょう?

無地ではなく、表面感がありますから印象としては派手ではく、落ち着いて見えるという効能があります。

現実的なビジネスの場において、この落ち着き感を大事にする場合はかなり有効でしょう。

このバーズアイは読んで字のごとく鳥の目のようにって意味ですが、こんなに見つめられたらちょっと怖いかもしれませんけどね。

これは自分を装うという意味においては、ある意味見つめられる側としてむしろ好ましいといえるでしょう。

見られてナンボのスーツスタイルですから、記憶に残りかつそれが極めて好印象であるようにするのがポイントですからね。

派手なパフォーマンスではない状況の立ち位置であるならば、この柄を選んでみてはどうでしょうか。

ここ数年でラフすぎるなんでもありのクールビズ崩れのスタイルから、まともに戻ろうよっていう流れは確実に起きています。

クラシック回帰なんて呼ばれていますが、このバーズアイはその正統派の伝統のある柄なのでそういった意味でも安心してチョイスできると思います。

 

オーダースーツはとかく派手さを求めがちになってしまいそうですが、ボクの場合はその逆でいかにして着る本人とのバランスを整えつつ抑えた印象にするかがキーワードにしています。

そのチョイスの一つがこの柄ですね。

生地選びのご参考にしてくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top