STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

オーダーメイドでコートを作成するならこの基本を押さえればベストです!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

オーダーメイドでコートを作成しようとした時に、どうすればいいのか?

あれこれ悩むよりも正解を選んだほうがいいですよね。

ものすごくシンプルに考えたほうが答えに近づきますよね。

そこで、作るべきオーダーコートのおススメをご案内します!

 

  • デザインはチェスターコート

正式名称はチェスターフィールドコートと言います。

詳しい説明は割愛しますが(ググればいくらでも出てきますからね)オーダーコートを仕立てるのであれば、これが正解です。

ボクのオリジナルパターンなど色々なデザインやカスタマイズなどを施したりもは出来ますが、それはあくまでも基本を押さえてからの話です。

コートはスーツのように一週間分の着数を用意するなんていうのは現実的ではありません。

それならば、セオリーに従いマストな一着を揃えるべきです。

あらゆる場に場にふさわしく使えるのはこのチェスターコートでしょう。

 

  • 素材はビーバー仕上げのウールないしカシミアを選ぶ

これはチェスターフィールドコートを選択する上において選ぶべき正解です。

他にも素材はありますが、この生地を選んでみて下さいね。

 

  • カラーはブラック、ネイビー、チャコールの3色がベスト

カラーは基本色であるこの3色をチョイスしましょう。

理由は上記にも上げましたが、一着で多くの用途をこなしつつ、永く愛用するのであればこの基本色を選ぶのが正しい判断です。

コートは外套といって、一番外に羽織るものです。

営業支援スーツ的な装いを成立させやすいのがこのコートです。

一番人目を惹きますからね。

フォーマル場に使う時に安心で、商談に向かう時の身だしなみに使え、且つ寿命が長いのはこの3色でしょう。

 

もっともオーダーメイドですから、自由に選択することが出来ますし、自由に楽しんでもらいたいとも思っています。

ボクのオリジナルコートなどは相当オススメです。

ただ着るシュチュエーションがハマればの話になります。

それであれば、まずコートを何のために作るのか?という本質を考えてみて下さい。

その何のための項目で一番上にくる要素が作るべきコートになるでしょう。

それはおそらくこの選択肢のコートになるのではないでしょうか?

 

オーダーコートは選択肢は色々ありますが、これで選べばきっと素晴らしいオーダーコートライフが得られるはずです。

ご参考にしてくださいね。

そして、なるべくお早めにね!(年明けの仕上がりになっちゃいますよ!)

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top