STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

コートにはコートの為のビーバー仕上げという生地があるんですよ!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

コートをオーダーメイドで作成することが出来ます。

とても快適でシアワセになれるのがオーダーの良さですね。

  • 今日はそのコート素材についてお勉強しておこう!

オーダーメイドである以上、テキスタイル(服地)であればどんな素材であろうが作成することは出来ます。

無茶な素材は当然作れませんので、あくまでも一般的な素材ってことです。

そして、なんでもいいのかと問われれば、もちろんなんでもいいわけはありません。

ただの起毛したスーツなどで使われるフラノ素材はコートでは役不足(ふにゃふにゃなコートになりますね)です。

実は結構種類があるのです。

コートにはコートにふさわしい素材というのがあるのです。

その代表的なのがビーバー仕上げのウール素材またはカシミア素材です。

 

  • ビーバー仕上げってなに?

ウール(羊毛)ないしカシミア(山羊)、場合によってはビキューナ(ラクダ科)などの獣毛素材で生地は作られます。

これはスーツやジャケットと同じですね。

コートに使う場合はまず、ものすごーくざっくりと言えば分厚く作ります。

一般的な冬物のスーツ生地の1.6~2倍くらいの重さ、つまりボリュームで織り上げます。

ここまでは、なんとなく伝わるのではないでしょうか。

問題はここからです。

その織り上げられたあとに、これもものすごく簡単に言うと、あえて水につけて意図的に縮めてしまいます。

これを縮絨(しゅくじゅう)加工と言います。

わざと縮めて毛足の長い素材で織り上げられた素材は絡まって密度が高まるというわけです。

すると風を通さないから暖かくなりますよね。

そして丈夫にもなる。

その代表的な素材はメルトンなんていうのがあります。

ゴワゴワで重たいピーコートが有名(最近のフリースを使ったパチモンではなく)ですね。

ここまでもだいたい大丈夫でしょうか。

さらにここからもうひと手間をかける最終段階に入ります。

縮れっぱなしの生地の表面を梳(す)いて、毛並みを作ります。

あざみの実というイガイガの実を使うのが有名です。

余談ですけど、あざみの実という実際に存在するあざみとはちょっとだけ違うけどそういうヤツを使っているのです。

そして、最後に表面をキレイにプレスして、あのスベスベ、ツヤツヤな毛並みが出来上がるというわけです。

ものすごく手間かけているのですよ。

これがそのビーバー仕上げを施したコート素材です。

せっかくのオーダーメイドであれば、とりあえず作っちゃうよりもキチンと素材を選んだほうがより末永くお付き合い出来る一着になると思いますよ。

何着も仕立てることもないですし、一着あたりの寿命も長いのがコートです。

 

ちなみにこんなイメージになります。

ロングだけど腰位置を高くしているから、カッコいいでしょ!

こんな感じにね!

ぜひご検討してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top