STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

タキシードはオーダーメイドがオススメです!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

タキシードと呼ばれるフォーマルウェアがあります。

夕方以降に着用するドレスウェアで日本では準礼装と呼びます。

フォーマルウェアには格付けがあり、出席する場のドレスコードに合わせてその装いを決めていきます。

昼の正礼装はモーニング

その準礼装がディレクターズスーツ

夜の正礼装はテイルコート

その準礼装がタキシード

いずれの場合も略礼装がブラックスーツ

ざっと説明するとこのようになります。

そして時代はかわりテイルコートを使う場面は通常はほとんど無くなりました。

そこでタキシードが格上げされてほぼ正礼装という立ち位置にきています。

 

  • タキシードはオーダーメイドがオススメです

タキシードを頻繁に着用される方はそれ程多くはないでしょう。

着用される場としてはディナーパーティーのようなシュチュエーションかと思います。

正装することが身だしなみの場ですから、キチンとした装いとしてのタキシードはオーダーメイドがオススメです。

中途半端な借り物よりも自分だけのフォーマルウェアとして所有されるほうが結果として良い効果を生み出すはずです。

 

そして、オーダーメイドならではのカスタマイズが可能なのもポイントです。

例えば、オーダーメイドであるならば迷彩柄で作成することも可能です。

合せるパンツはフォーマルな場にふさわしいシャイニー素材に側章をお入れして装いを整えます。

装いとはマナーであると同時に自分という存在がどうありたいかを表現することでもあります。

なりたい自分とは、相手がそのように評価することによって成立します。

そのコンセプトが定まっているならば、オーダーメイドがいいと思います。

プロトコール(公式の儀礼)が定まっている場でしたらキチンとしたブラックのタキシードクロスでお仕立てしたほうがよいでしょう。

そうではない華やかな場なのであれば、このような少々のお遊びも十分にありですよね。

マナーでがんじがらめになるよりも、その場を楽しめるはずです。

そしてその楽しさを演出することこそがマナーであり、嗜みでしょう。

それが装い、つまり周りからの評価となるわけです。

 

難しく考えることは無く、素直に楽しめる場にはキチンとしっくりくる、そして自分自身が自信とプライドを高めてくれるタキシードを纏えばいいってことです。

ボクの提唱する営業支援スーツとはなにもスーツに限ったことではないのです。

なりたい自分を装うということなのです。

 

タキシードをご着用する機会があるのでしたら、ご相談くださいね。

ステキな一着を纏って、周りを魅了いたしましょう!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top