STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

カフェココアッソで使っているコーヒー豆のテイストのまとめ

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ボクはコーヒーが好きなので、完全予約制のカフェココアッソもやっております。

具体的にはボクが好きな豆、ないしはボクが試してみたい豆しかありません。

もちろんホットのみで、基本ブラックでのご提供でございます。

ボクの好みは、雑味のないクリア感、フルーツ感、そこにただ酸味があるだけじゃない奥深さが感じられるようなコーヒーです。

いわゆるスペシャリティコーヒーのカテゴリが好きってことです。

深くカスカスになるまで焙煎するよりも、その一歩手前の中浅焙煎くらいが丁度いいかなって感じる場合が多いので、基本そんな豆に当たる確率が多いでしょう。

そうじゃない時もありますけどね。

ご予約時にご連絡いただければ、どんな豆かお答え出来ると思います。

そうじゃないのがでてくるかもしれませんけど。

それがカフェココアッソでございます。

 

具体的にどんな豆をつかっているのかのまとめです。

猿田彦珈琲 真夏の果実ブレンド

いつもお世話になっております猿田彦珈琲さんの8月限定のブレンドです。

真夏の果実というだけあってとってもフルーティなテイストです。

普通この時期の限定ブレンドはアイスを意識した深焙煎でコクと深みを強調すると思うのですが、このブレンドはまったく逆の発想です。

後味も極めてクリアでとっても美味しい。

ボクの味覚の好みとして、このくらいの焙煎度合いのこのテイストが大好きなんです。

重くなく、ライトな飲みごたえが好きな方は今しかないですよ!

ヒジョーにオススメ!

 

猿田彦珈琲 エチオピア イルガチェフェ・サカロ

ブレンドではなく単一豆だけのコーヒーのことをシングルオリジンなんて呼びます。

猿田彦珈琲さんはそのシングルオリジンを定期的に入れ替えてラインナップしてくれています。

その中でもこのエチオピア産の豆はご覧の通りかなり浅煎りです。

そしてかなり不揃いなのがお分かりいただけるでしょうか。

これはエチオピアの小規模農家さんが自分たちの豆をウォッシングステーション(果実から生豆を取り出す加工所)に持ちよりそこから出荷するからなんですね。

ですから特定の単一豆ではないのでエチオピアの在来種のいくつかの様々な豆が入っているということです。

しかし、とっても美味しい!

アフリカ、それもスペシャリティコーヒー界においてはこのコーヒーの祖となるエチオピアの豆はやっぱりいいです。

香り、フルーツ感、後味と申し分ないボク好みです。

初めてこの手のコーヒーを飲むひとにとってはコーヒーととは思えないこのテイストに驚くと思いますよ!

そしてこの豆は先日のコーヒーセミナーでも使いました。

この豆も定番ではないので、気になる人はお早めに手に入れたほうがいいと思いますよ!

 

ちなみに豆の持ち込みも大歓迎でございます!

いろいろ飲み比べてみたいですね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top