STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ゴージラインで見た目が変わりますよ!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日はシルエットに関することを書いてみましょう。

スーツのスタイル、印象に大きく影響する部分があります。

全体のサイジングであったり、そもそものデザインでかなり変わるのですが、部分的なパーツでも結構変わります。

今日はそのパーツの一つについて画像で説明してみましょう。

 

  • ゴージライン

このゴージとはエリの部分のことを差します。

上衿と下衿のつなぎ目のことですね。

このつなぎ目のことをゴージと言います。

このゴージラインが近年のスーツは高くなってきている傾向にあります。

高ければ高いほうがいいというわけではありません。

オーダーメイドの場合はあくまでも全体のバランスを見ながら、作っていくわけですが、高くなってきていることには違いがありません。

そして、その高さで全体の印象をかなり変えることが出来るのです。

ちなみに昔のスーツだと・・・

ゴージの位置がお分かりいただけますでしょうか?

流石にクラシック感を満喫出来る・・・って装いになります、というより流石にこれは見かけませんけどね。

このゴージによってある程度時代感を表現出来るのですね。

 

  • 具体的に見比べてみよう

もう少しこのパーツを拡大して見て見ましょう。

実際に異なる二つのスーツがありますので、その微妙ですがそのゴージの高さを見て見ましょう。

これが全体の雰囲気です。

よーく見るとこのゴージの高さの位置が違うのがお分かりいただけますでしょうか?

もう少し拡大してみましょう。

どうでしょうか?

違うのがわかりますよね?

もうちょっと分かりやすくするために角度を変えて見てみましょう。

これだとどうでしょうか?

気が付けば違うよってレベルの差なのですが、このわずかな部分を仕立屋さんは見ているのです。

そしてそれをどの程度にするかを見極めて作成するのですね。

おそらく知らなければ、またそもそも興味もなければまったくノーマークな部分のはずです。

でも、このゴージの位置というのはエリ巾よりもある意味大事なんですね。

これによって印象は大きく変わるということです。

特に最近見かけるのはこの位置が極端に高くなっているモデルがあります。

それが一つの時代の流れにもなりつつあります。

ただ何がなんでも高くすればいいというモノではありません。

何事もバランスが大事です。

元々のパターンとの相性もありますから、無理ヤリ感のあるモデルも世の中に出回っています。

ボクの場合はトータルのバランスを見ながら、そして着用する人があくまでも装いとして成立することが目的としてこの高さを決めています。

 

  • まとめ

ゴージの高さは時代によって変化します。

今は一世代前の時代に比べて高い位置にあるモデルが主流になりつつあります。

ただしなんでも高けりゃいいってもんではありません。

またシャツやネクタイとの相性も当然ありますから、あくまでもバランスよく高くするのがいいでしょう。

そして、街ゆく人のジャケット、ショーウィンドゥに飾られているジャケットを見かけましたら、このゴージの位置をキーワードにして観察してみて下さい。

今までとは見えてる世界が違ってくるのがわかることでしょう。

参考にしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top