STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今からスーツを仕立てるなら秋以降を見越してオールシーズン生地を選択するのもありですね!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

オールシーズン着用が出来る生地があります

その名の通り年間着用が出来る生地というのがあります。

今からスーツを仕立てるとして秋以降を見越してそのオールシーズン着用可能な生地を選択するというのもありですね。

有名なところではドーメルのアマデウス365という名前がそのまんまのコレクションもありますね。スキャバルではロンドナーがそれに当たります。

オーダースーツというのは、ある意味使い捨て感覚の消耗品という考え方ではないスーツだと思います。

世の中にはスーツと一言でいっても実に様々な種類が存在します。

その中には正直、価格なりでしかないスーツも少なからず存在します。

オーダースーツというのはその成り立ち、生い立ち、そして立ち位置から考えれば、そういうポジションではないはずです。

オーダースーツにももちろん幅があり、それぞれに考え方があり、手軽に数を揃えましょうというところから、一生面倒見ますというところまであります。

いずれにせよ、消耗品ですと謳ってはいない、つまりなるべく永く付き合えるスーツですってことを差していると思います。

また、ココアッソでももちろんどうしたら長く付き合えるかという観点からお話をしています。

ちょっと話が逸れちゃいましたが、季節をまたいで長く着用することが可能であり、装いとして、身だしなみとしても安心出来るスーツというのは実はかなりニーズがあるんです。

特に夏にスーツを着用しなくてもいいという習慣がすっかり定着してしまった現代においては、春秋、合着(あいものといって夏と冬の中間に着る洋服のこと)のほうが良いという選択がベストな場合もあります。

もちろんこれがすべてではなくて、初夏、盛夏、晩夏にはそれに合わせた装いは当然必要ではあります。

夏には夏の装いがあるってことです。

 

そうした選択肢の一つとして、オールシーズン着用出来るスーツもあるよってことです。

もちろんメリットは年間着用出来ますが、デメリットもあります。

真夏は暑いです。

熱が逃げにくい素材ですから、真夏の炎天下は少々ガマンする必要があり、逆に真冬の極寒時期はコートを羽織ればよいとはいえ足元は寒いです。

その代り、その季節の変わり目の過ごしやすい季節には最高に快適な生地だったりするわけですね。

何事もすべてを満たすことは出来なくて、何かを手放すことによって、何かを手に入れることが出来るという自然の摂理にそった生地であるということです。

ジャケット素材にもこのオールシーズンという概念のコレクションは存在します。 ある意味非常に理にかなっていると思います。

いずれにせよ、もし今ご検討されているなら、このオールシーズンというキーワードも参考にしてみてくださいね。

ちなみにボクは真夏でもこのオールシーズン生地で仕立てたスーツをもちろん着用して外出します。

暑くてもガマンするのが仕立屋さんですから(苦笑)

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top