STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

派手なスーツにすることをオーダースーツの目的にしないほうがいいというのがボクの考えです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

オーダースーツというとみなさんどんなイメージを持たれていますか?

ひとたび検索しようものなら、そこらじゅうで広告が追跡してくるようになるでしょう。

そして、それらは派手な印象のものばかりでしょう。

そう、リアルに使えるかどうかわからないようなものばかりです。

 

  • 派手なスーツにすることをオーダースーツの目的にしないほうがいいというのがボクの考えです

ボクの考えは派手なスーツがオーダースーツではないと思っています。

無論派手なスーツもありですよ。

そういうスーツも当然あってしかるべきです。

ファッションとしてこの世にないようなスーツは楽しいです。

でも、それを求めすぎるのがボクは好きではないとないということ。

営業支援スーツはあくまでビジネス環境において、自分のあり方を表現することが目的です。

自分が何者で、自分がどういう想いで仕事をしているのか、そこにある情熱をスーツで表現することです。

自分のあるべき姿を身にまとうことは、自分を一つも二つも高い所へ導いてくれます。

なりたい自分への道しるべとなってくれます。

最終的に結果として、成果、評価になっているということ。

 

  • 何のためにスーツを着るのか?

何のためにスーツを着るのか、みなそれぞれ目的は違えど、理由があるはず。

それにフォーカスをすると必然的に結果になります。

オーダースーツの、少なくともボクの仕立てるスーツはそれを目的にしています。

ただ派手にすれば結果が付いてくるというものではありません。

この世に無いデザインをすれば評価があがるということでもありません。

本質的な目的をブレずに仕立てる。

それは本当の自分が必要とするスーツに出会うということ。

ビジネスでスーツを着用するということは、それほど大事なことだとボクは思います。

毎日着用するのであれば、人生のほとんどを共に過ごすはず。

それならば、安心して自分を表現出来るスーツのほうがいい。

自然と自信にが湧いてくるスーツのほうがいい。

ボクはそのサポートをしているということですね。

長年アパレル業界に身を置き、たどり着いた答えが営業支援スーツというオーダーメイドスーツです。

纏うことによって自信、勇気、プライド、尊厳、なるべき自分と出会ってもらいたいし、それが一人でも多くの人に伝われば世の中すら変わっていくのではないかと本気で考えています。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top