STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

クールビズ時代に選んで正解なジャケット素材をご紹介!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

いよいよ日差しも伸びてきて本格的な暑さを意識し始める季節になってきましたね。

すでに半袖姿も見かけます。

しかし、この記事をご覧のみなさんは、夏でもキチンとジャケットを着用される方であることは間違いないはずです・・・

だからこそ、今こうして読んでいる訳だと解釈しております!

キチンとジャケットを着用していなくても構わないですけどね(苦笑)

ネタとしてどうぞ!

 

  • ジャケットを作るならコレがオススメ!

今年こそはジャケパンを始めましょうと何度か書いている訳ですが、具体的にどんな生地で作ればいいのか?

何をどうしていいか中々分かりにくいと思います。

そこで今回は、快適なジャケパンライフを送れる選ぶべき正解の生地をご紹介します。

迷わず選べば幸せになること間違いなし!

 

  • 最初に作っておいて絶対に損はしない二つをご紹介!

まず一つ目。

【メッシュ素材】

通称ホップサックと呼ばれるこのメッシュの様な風合いは作るべきマスト素材です。

熱がこもり難く、風が抜けていくので、快適なことこの上ない一着となるでしょう。

そして、このメッシュ特有の見た目ザックリ感が実にジャケットらしさを演出出来ます。

合わせるパンツはなんでもいけてしまいますので迷う心配はないでしょう。

ウールパンツでしっかりとした表情を演出する、またはドレスチノパンで垢抜け感を出す事も可能です。

合わせるアイテムによってどんな表情にもなる万能選手になります。

オフタイムに羽織るジャケットとしてもリラックスして使いこなせるはずです。

 

二つ目。

【モヘア混素材】

見た目そのままのジャリジャリした素材はこれからの季節のジャケット素材として、選ぶべきもう一つのマスト素材となります。

このモヘアとは、ヤギのヘアです。ウールは羊毛ですから、根本的に特性が違います。

柔らかな風合いになるウールと違ってパリパリした素材ですから、着心地としての涼感が得られます。また、熱の遮蔽性が高いですから、日差しの強い日にも快適です。

メッシュ素材と同じく、合わせるアイテムによって表情を変えることが可能です。

特にこのモヘア混素材は同素材でパンツも仕立てる事が可能です。

つまりスーツにもなるのです。

ココがキモで、ジャケットを予めセパレートを意識したデザインにすることによって、スーツでもパンツを変えてジャケパンスタイルにも使えるという便利な素材です。

 

  • まとめ

クールビズという言葉自体がすでに浸透しすぎて生活の中に溶け込んでしまいました。

そして本来の目的からかけ離れた、カジュアル化、だらしない化となり、ビジネスパーソンにおいては自信のある着こなしがなんなのかを見失う状態になっていると思います。

もはやなんでもありの時代だからこそ、本来の本質が見直されてきています。

やっぱりキチンとしようよ、という流れですね。

これは確実に起きています。

この流れにしっかりと乗りましょう。

そして、快適なビジネスライフを送りましょう!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top