STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

フォーマル(略礼服)を作る時のポイントです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

フォーマルを作る時のポイントのお話です。

フォーマルといっても範囲が広過ぎてしまいます。

今回は一番身近な略礼服に絞ってみたいと思います。

冠婚葬祭どちらにも着用が可能な、もっともポピュラーな礼服です。

一般的なフォーマルといえば、この略礼服を差します。

細かなフォーマルとしてのマナーはまたいつか別の機会にするとして、いざ作ろうと思った時にどうすれば間違いないかのポイントをご紹介しておきたいと思います。

 

  • オススメポイントその1

基本はシングル2つ釦が使いやすい。

IMG_6009

基本はこの2つ釦です。

地域によって習慣の違いの差があるはずですが、この2つ釦が間違いないです。

・3つ釦という選択肢はあり得るか?

これはもうあり得ないです。釦の数はフォーマルの度合いを表す単位だと思ってください。

現代のバランスからかんがみて3つ釦はNGと捉えておいたほうが無難です。

この無難という思考がこの略礼服においてはとても重要です。

目立つことがなく、無味無乾燥であることが重要な場合があるからです。

・1つ釦はどうか?

これも格が上がり過ぎて使えないです。冠婚ならありですが、葬祭においては使いづらいと覚えておいて下さい。

 

  • オススメポイントその2

過度な加飾を避けること。

IMG_6013

襟元のアクセントのステッチは必要ないとボクは考えます。

IMG_6014

袖も本切羽でなくても問題ないでしょう。切羽を開けても問題ありませんが、重要ではありません。

余分な装飾はこの略礼服には必要ないと心がけてください。

冠婚でこの略礼服を使う場面として想定出来るのは、身内のおめでたい席でしょう。

この場合は、お呼ばれではなくお招きする側になります。

お招きしているのに、招かれている人よりも派手には出来ません。

また、特に葬祭で使う場面を想定するならばなおさらです。

上でも申し上げましたが、無味無乾燥であることが望まれます。

付け加えるならば、チーフ、タイバー、カフスといったアクセサリーも使いません。

もう少し正確に付け加えると、お通夜に礼服はNGなのです。

待っていたという認識になってしまうのです。

真のお通夜に参列する場合の正解はダークスーツに黒いネクタイになります。

それがいつしか商業ベースでお通夜と告別式が同じようになってしまったのが現代なんですね。

この解釈であるならば、お通夜に略礼服もありという認識で覚えておいて下さい。

 

  • オススメポイントその3

長く使えるウエストアジャスターは付けておくと安心です。

IMG_6010

既製服ではおなじみではないでしょうか?

IMG_6011

付けておいて損はしないはずですよ!

略礼服を買い替える状況を考えてみてください。

生地が傷んで買い替えることはまずありません。

サイズの変化で買い替えるという方がほとんどです。

であるならば、その体型の変化に多少なりとも簡単に対応出来るほうが便利というモノでしょう。

いつ使うかわからないのがこの略礼服です。

イザって時に、パンツがアレ?ってことがないほうが安心です。

もし、それでも対応出来ない時は、買い替えか、ボクのオススメは体型を変えるほうがいいと思いますよ!

 

普段クローゼットに一着あれば事足りて、存在自体も忘れてしまうのがこのフォーマルです。

だからこそ、いつも安心して使えるように仕立てておきたいですね!

他にも色々と気になることはボクまで相談してくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top