STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

楽しいことを基準にするのはやはり正解だとハッキリ分かりました

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

何を基準に物事の判断、選択をするのか?

企業、事業、仕事等々においてはどう判断するか?

さあ、みなさんならばどう判断しますか?

計画、企画立案するときに、どこを基準にしますか?

 

利益じゃないですか?

儲けでしょう?

 

これ当たり前なんですよ。

ボクも前職のコナカ時代に叩き込まれました。

企業が存続する理由は利益を出すことです。

利益を生み出さない企業は存在出来ません。

退場です。

当然です。

一部上場企業であれば、これは必然です。

中小企業であれば死活問題でしょう。

また一部のブラック企業は自らの利益の為に、若い労働力、資産を搾取することこそが目的としているのでしょう。

もちろん退場です。

 

今のボクはまったく逆の考えになった。

「どちらが儲かるかより、どちらが楽しいかで選ぼう!」

ボクの座右の銘となっているこの名言。

この通りにやってきたら、本当に楽しくて仕方がない。

楽しい人が現れる。

楽しんでもらえる人が現れる。

その為なら全力を出すこと、ユルくすること、のんびりすること、そして笑顔がフツーになりました。

前職のコナカ時代にはまったく出来なかったことが今のボクの生活そのものの価値基準になっている。

IMG_5805

踊っているわけじゃないですよ!

今回コラボセミナーとして、浅川不動産にて住まいと装いのコラボセミナーというのを企画してみてそう思いました。

ちゃんと人が現れて、何かしら気づきを得てもらっている。

そこにはちゃんと行動を起こしたことの意味が存在しているんですね。

とはいっても、何故か商談会と不動産相談会となっていき、不思議なセミナーでしたけどね。

それもインプロビゼーション(即興)で考えれば、もちろん楽しい。

だってそれが求められていることだと思うんです。

結果として良かったと感じています。

 

面白かったのでまたやりたいなと思いました。

みなさま、お疲れ様でした!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top