STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ジャケットを着ない今だからこそ、改めてパンツの腰位置を確認しよう!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ジャケットを着ない今だからこそ、改めてパンツの腰位置を確認しましょう!

街を見かけると、もうシャツだけの人が大勢を占めている季節。

ジャケット着ないといけないという時代じゃないですからね。

シャツだけでいいんです。

でも・・・

どうせなら、カッコよくしませんか!?

惜しい人が実に多いんです。

もったいない人が多いんです。

 

  • それは何か?

パンツスタイルは腰位置ですべてが決まります!

そう、カッコよく見せるのも、イケてない人になるのもすべてはココで決まります。

ココさえ決まれば、あとは問題ではなくなります。

今一度、鏡でご自分の腰位置を確認してみましょう。

以前のブログでダントツにアクセスが伸び続けている過去記事があります。

まずは、

パンツは腰位置ですべてが決まります!!←クリックHERE!

ちょっと長いですけど、読んでみてくださいね!

その過去記事から再再度抜粋しますね。

男性はある一定のどこかの時代でお気に入りのパンツに出会うと、生涯そのパンツの履き方をします。

ほぼ100%みな同じです。

みんなその履き方を無意識にしています。

パンツのデザインやシルエットがどんなに変化しても、履き方は同じです。

これ、テーラー屋さんだから断言します。

ホントです。

そういうことなんですね。

どのパンツを履こうが、どんなにキレイなパンツを履こうが、いつも同じになってませんか?

全部違うのです。

股上が、ヒップラインが、みんな違うのですね。

同じショップの同じブランドのパンツでも年度が変わると変化している場合すらあります。

まして、どの年代にお気に入りが発生したかは、個々によって違いがあるものの、数年前の腰位置とは明らかに違っているのが現代のパンツなんだってことを、まずは認識してみましょう。

 

  • 実際にどんな風に見えるのか?

もう一度画像にて確認してみましょう。

多少御見苦しいかもしれませんが、その辺は勘弁してくださいね!

IMG_5291

骨盤が曲がってますが気にしないでくださいね・・・ 例えば、ボクが履いているパンツは股上が22㎝くらいにしています。

IMG_5295

股上は浅いほうですから、腰位置は腰骨の上でなく、骨の横あたりで履いているのです。 また横から見るとわかると思いますが、やや前傾姿勢のシルエットになっているのがわかるはずです。

IMG_5321

極端に浅くはないですが、腰骨の横で履いているようには見えないはずです。

これが例えばの話ですが、ボクのパンツのボクの適正な位置なのです。

この位置がすべての人に当てはまるわけではありません。

オーダーメイドの場合は、どのくらいの深さで履くのかを考えて作りますから、答えは一つではありません。

10人いたら、10通りの答えがあるのです。

 

  • そして、やたら目につくのが、こんな感じです。

おそらく、ご本人はまったく気づいていないはずです。

あえて画像にしてみます。

IMG_5329

前から見ると、無理やり腰位置を合わせようとして、ベルトだけが上がっちゃっている人、よくよく見かけます。

IMG_5324

安定の食い込み系です。ご本人はまったく気にしていないでしょうが、周りからすると気になってしょうがないですよね?

おわかりいただけたでしょうか?

オレは違うよって思っている人ほど、バッチリ、クッキリ食い込んでいる場合が多い・・・

 

  • まずすべきことは?

確認の為鏡をまず見よう。

見ているようで見ていない鏡で見てみましょう。

普段何気なく過ごしていると気が付かないお部屋のホコリのように、いざ気がついてしまうと、「え!?」って思うはずです。

 

  • 原因は何か?

ベルトです!

ベルトの穴の位置が、ずっと同じです。

どんなにパンツを新しくしようが、イケてるパンツを購入しようが、ベルトが同じなら、ずっと同じ位置に履こうとしてしまいます。

ひび割れた、色あせたベルトをずっとしている人・・・実に多く見かけます。

適正な腰位置がパンツによって変わるのであれば、パンツのウエストサイズも変わっています。

例えば、くびれているところが80㎝の人だとすれば、腰骨の横で履く場合のパンツは83~84㎝くらいで作られている場合が多いのです。

あくまでも例えばの話ですが、標準体型のデザインであれば、だいたいこのくらいになるはずです。

もし、80㎝くびれ位置で履いた時に合わせたベルトを未だ使い続けていたとすると・・・?

合わないのはご理解しただけたでしょうか?

 

  • どんなパンツも基本はカッコよく作られています

わざわざカッコ悪くなるようにパンツを作り込む会社なんて存在しません。

まず、そのパンツがどの位置で履くのが適正なのかを確認しましょう。

ベルトはしないで見てみてください。

そこで、ここがベストだと思ったときに、キツイ、ゆるいと感じているのであれば、それはサイズが合っていないということになります。

サイズの直し、まったく合わないのであれば履くのを止めてしまったほうが良い場合がありますね。

だって、それで周りから信頼される可能性は低くなりますよね?

自分でそれを引き寄せる必要はありません。

良い印象を引き寄せましょう。

 

  • 適正位置がわかったらどうするのか?

そして、適正な腰位置が分かったのであれば、その位置に慣れましょう。

そう、自分の意識を変えましょう。

習慣になってしまっている、その感覚を変えましょう。

最初は違和感を感じるはずです。

これは慣れるしかありません。

長年染みついた習慣はそうそう変わることがありませんから、時間はかかります。

ここを、この習慣を変えられるかがキーポイントでしょう。

もし、どうしてもダメなら、元に戻せばいいんです。

自分がしっくりくるパンツを履けばいいだけのことですからね。

既製品では見つからないかもしれませんが、オーダーメイドであれば作ることが出来ますしね。

 

  • そして、最後に

ベルトを新調しましょう。

もうカピカピの、ひび割れた、ヨレヨレのベルトを切り替えましょう。

どんなにベストな腰位置で履いても、ベルトが合ってなければまったく意味がありません。

いいではないですか。

ベルト一本で成績が上がるなら安いもんですよね?

 

ちなみに、ベルトは絞るものではありません。

ベルトは添えるものです。

適正なパンツを履き、そこにベルトを添える。

考えてみれば、至極当然のことをするだけなんです。

難しことでもなんでもないですよね?

ただそれを実行するかしないか?

選ぶのは自分次第です。

 

ここまで長々と読んでいただいたのであれば、行動出来るはず。

決断より行動!

さあ、さっそく試してみてくださいね!

どうしても、しっくりこないってことであれば、遠慮なくボクまでご相談してくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top