STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツの寿命はどのくらいなのか?買い替えのタイミングはどこなのか?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿でオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

スーツの寿命ってどれくらいなのか?

仕事で普段使うとなれば、いつかは寿命がきてしまいます。

はたしてスーツはどれくらい持つものなのか?

そして、買い替え時はどのタイミングなのか?

この辺をお話してみます。

IMG_4220

光沢感とテカリは違いますよ!

 

  • ズバリ、テカった時が買い替え時

スーツはどうしてもテカリが発生していきます。

現代に織り上げられている生地は、ほぼ100%テカリます。

より良い素材、より高度な手間のかかる織り上げ、柔らかで滑らかで、ヌメリ感のある仕上げ。

今、この世にある生地はとてもデリケートな生地が一般化しているのです。

一昔前からは想像も出来ないような繊細な生地がほとんどです。

ですから、価格の高い、安いに関わらず、このテカリは発生してしまうのです。

 

  • どの位でテカるのか?

これは個人差の開きがかなりあるので一概に言えませんが、目安としていえば3年くらいすればどこかにテカリを見つけられるはずです。

基本、春夏、秋冬をそれぞれ5着づつ、週一回の着用ペースを守っている一般的なビジネス用途として考えた場合です。

これ以上にハードに使っていれば、もちろん早まりますし、たまにしか使わないのであればテカリの進行は遅くなりますよね。

 

  • では、どこがテカリ出したら買い替えたほうがいいのか?

ボクの個人的な主観での答え。

それは、

パンツのモモがテカって見える時。

椅子に座って、自分のモモを見て見てください。

その時テカっていたら、100%寿命が来ています。

すぐに着用は控えられて、切り替えたほうがいいと思いますよ。

モモまでがテカテカになっているということは、かなり全体にテカリが進行していると思ってください。

おそらくジャケットもヒジや袖口だけでなく広範囲にテカリが起きているのに気が付くはずです。

ここまでまんべんなくテカテカになっているということは、かなりヨレヨレに見えてきます。

よろしくないですよね?

ヨレヨレであることのメリットは一つもないですよね?

 

  • どうしたら、テカリの進行を遅らせて、長く使うことが出来るのか?

・ポケットにモノを入れるクセを直してみる

尖ったカギや大きなお財布をいれていたら当然角が当たってテカりやすくなりますよね?

パンツのポケットに手を入れるクセも直そう!

・しっかり休ませましょう。

ボクの推奨は週一回着用です。最低でも4日は休ませてあげてください。

・保管はジャケットとパンツはそれぞれ専用のハンガーを使うこと。

針金ハンガーなどはもちろん厳禁ですね。

・適度なブラッシングとたまにスチーム掛け。

慣れればそんなに時間はかかりません。

・クリーニングに出し過ぎないこと。

シーズン中はクリーニングは一回が推奨、出しても2回まで。

・ズボンプレッサーは厳禁!

出張中のホテルには必ずと言っていいほどあるのが、コレ。

使ってはいけません。使用禁止!!

そんなにあれもこれもダメってわけじゃないんですけど、ほんのちょっとの差でその後の経過は大きく変わりますからね。

最低限、上記事項は守りましょう!

 

  • 最後に

高額なスーツだから長持ちするといった迷信は信じないほうがいいです。

ボクの知る限り、高額なスーツと安価なスーツは寿命が早いでしょう。

良すぎる生地と安すぎる生地は双方どちらも耐久堅牢度が弱いからです。

バランスが大事ってことですね。

それとですね、

よく股が割ける、破けるという話を聞きますが、これは寿命ではなく、サイズが合ってない、または履き方がそのパンツに合ってない。

そう思ったほうがいいです。

破けることを前提に作っているパンツなんてどこにもありません。

一度サイズの見直し、履き方の見直しをお勧めします。

オマケとして、

ストレッチ素材なら大丈夫なのか?

最終的には伸び伸びになります。

特にポリウレタン系のゴム状の化繊でストレッチ性を得ているスーツ生地は最終的に伸びっ放しになっていきます。

これは致し方ないと考えていたほうがいいですね。

 

  • まとめ

スーツの寿命はテカリで判断しましょう。

そして、パンツのモモの部分がテカっているならば、それは買い替えのサインですよ!

 

判断つきかねる時は、ボクに相談してくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top