STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

どうやって自分をブランディングしていくのか?

ターナー(土方)です。

どうやって自分をブランディングしていくのか?

 

前にもちょっと書きましたけど、ブランディングってとっても大事です。

会社の看板がドドンってある人は問題ないかもしれませんが、それだけでは中々伝わりづらい時代です。

そして、経営者自らが最前線で引っ張っていくならなおさら、個をブランディングしていかねばなりません。

個を出すということ。

そして、その個をどのようにイメージとして認知してもらうのかということ。

これはすぐに効果が出るものではありません。

じっくりと育てていく必要があります。

だって相手も人ですからね。

「わかってくれー!」と叫んだところでわかってくれません。

むしろ逆効果になる可能性すらありますよね。

なりたい自分というより、周りからどう評価されるか、少しづつ相手の心に印象付けしていくのです。

いつの間にやら、それが一人歩きしてくれますからね。

 

それとですね、

自分自身の装いを変化させていくには、自分の心というか、自分自信で染みついたイメージを変えていかないといけません。

これもとっても時間がかかります。

だって、スタイリストさんから、これ来てくださいって今まで着たこともない色柄を勧められても、着たくないでしょう?

違和感がある、これは自分のカラーじゃない!って誰もが思うはず。

というより、そう自分で思い込んでいる。

相手もそうだけど、自分の潜在意識に刷り込んでしまっているイメージというのは中々くつがえりません。

だから、自分自信でもじっくりと変化させていったほうが、精神衛生上望ましいってことですね。

いくらブランディングの為だからといって、自分の心が拒否反応しているのを無理やり着ていても、気分良くないじゃないですか。

ダイエットもそうでしょう?

まず結果にコミットするという、例のアレとか、覚悟が必要じゃないですか。

期限設けて、相当負荷をかけるでしょう。

もし仮に結果になったとしても、心が(脳ミソの回路のことね)まだ昔のままで切り替わってないとしたら、元に戻ろうとするじゃないですか。

ようは、長年の習慣からくる潜在意識への刷り込み、簡単に言えば思い込みって強力です。

これを、少しづつ変化させていくのがブランディングへの近道なんですね。

そのほうが自分自身に違和感感じないし。

楽しいじゃないですか。

楽しいほうが結果が出るのは当たり前。

まして、お洋服なんですからね。

義務感で着るもんじゃないです。

お仕事で着るって言ったって、作業着じゃないんですから、ワクワク感とか、高揚感とか、もうちょっと言えば、視線感じる快感とか欲しいじゃないですかね。

 

ってことで、楽しくイメチェンしていきましょ。

大佐こと染谷充紀さんとお話していたのは、概ねそんなことです。

12241201_1725839614311610_7095367869129939269_n

ところで、大佐って誰?

IMG_3108

商業界の12月号でも!

IMG_3109

巻頭ページで執筆している人!

商業界でも執筆している、凄腕の楽しさ満載の売上UP仕組みづくりコンサルタント!

 

 

 

 

オマケ(苦笑)

IMG_3106

大佐ファン必見のお宝ショット。 甘いモノ大好き!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top