STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

仕事服に遊びの要素を取り入れていいのは、ブランディングが確立してからですよ

ターナー(土方)です。

仕事服に遊びの要素を取り入れていいのは、ブランディングが確立した後ですよ!

 

今日はこのお話。

最初に答えを言っちゃうと、ブランディングが出来ていないのに遊びを取り入れると、ただの遊んでる人になっちゃいますよ!

ということなんです。

どういうことかと言うと、

ブランディングとは個人としての在り方、とか独自化とか、こうでありたいというイメージです。

その想いと周りからの評価が合致することなんです。

自分がどんなに熱く語ろうとも、どんなに演出しても、周りから、対面する相手が持っている違うものだとするならば、伝わりません。

それをシンクロさせることが出来れば、おのずと評価が上がっていきます。

成績も上がっていきます。

それがブランディングです。

これは単に独りよがりで、思い込み、しゃにむになっても中々受け入れられない場合が多いです。

そこで、相手にどうイメージしてもらいたいかってことで「営業支援スーツ」の出番です。

人は無意識の内に相手を評価、イメージで判断してしまいます。

無意識の領域ですからね。意図して判断する前にそうしているんです。

自分もそうしてるでしょ?

そこにぴったりと符合するアプローチができるように装いを整えていきます。

で、これは一着では足りないんですね。

ここぞの一着だけでは、単なる一発屋で終わってしまいます。

それを続けていくわけです。

いつも、そのイメージになるように装いを揃えていくんです。

そうすると、段々と周りがこの人は「仕事が出来そうな人だ」とか「キッチリしている人だ」とか「スキが無い人だ」とか「ステキ!」って勝手に判断してくれるようになります。

そう、イメージが勝手に一人歩きし始めます。

ここまでくると、もう貴方らしさというのが、出来上がりです。

考えてみれば、そう思いません?

 

で、タイトルの「遊びの要素」ってこと。

コレが確立する前に遊びを取り入れすぎちゃうと、ただの遊び人として認識されるようになるってこと。

遊び人としてブランディングしたいのであれば、問題ありませんけどね。

もし、そうじゃないよねって思ったら、まずは基本をしっかりと揃えていきましょう。

一気に揃えるのもいいですけど、コストもかかっちゃいます。

少しづつでいいので、ちょっとづつ揃えていってもらうといいんじゃないでしょうか。

クローゼットの中にどんなスーツだろうがあれば着ちゃうでしょ?

逆に全く着ないスーツもあるはず。

それを毎年確実に「営業支援スーツ」に切り替えてもらえば、いいのです。

だからブランディングと言うのは時間かかりますからね。

じっくりと自分の価値を育てて欲しいんです。

いきなり無茶して切り替えても長続きしませんから。

急激なダイエットと同じです。

結局リバウンドして元に戻っちゃいます。

 

まとめ

ブランディングには時間がかかります。

でも、確実に出来上がったその価値というのは、何もしなくても勝手に一人歩きしてくれて評価されていきます。

それまでは、基本を押さえた装いに徹しましょう。

それまでは、遊びはお預けですヨ!

IMG_3099

装いは確実に貴方の味方になってくれるんですね

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top