STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

健康診断のウエストサイズとオーダーパンツのウエストサイズは同じではないんですよ!

ターナー(土方)です。

 

健康診断の季節ですね。

健康診断しましょうね!

人のこと言えませんけど・・・

 

健康診断と言えば、身体測定。

身体測定といえば・・・

そう、

アレです。

アレを測らねばなりません。

 

ウエストのコトですよ。

各自のウエストはいくつだったのかというお話ではなくて、

この健康診断のウエスト=パンツのウエストサイズではありませんよ。

ってお話。

健康診断で測るのは、ウエストのクビレ部分。

一番細い部分を測ります。

クビレてない人はクビレるまで頑張ろう。

で、これはパンツのサイズにはなりません。

正確にはオーダーメイドでは、あり得ますが、既製品のパンツでは同じにならないでしょう。

何故なのか?

測るというか履く位置が違うから。

今現在の一般的なパンツは腰骨の横で履くパンツが多いです。

だから、健康診断上のウエストよりも大きくなります。

もし、表記の上で例えばJIS規格でA5だったとします。

これは本来はウエストは80㎝ですが、実際の上がり寸はもっと大きい場合があります。

決して、サイズ誤差ではないんですよ。

また、ボクが仕立てるオーダーでも同じことが言えます。

もしメタボのボーダーラインの85㎝を超えて作ったとしても、それはあくまでもパンツの上がり寸でしかないのです。

安心してくださいね?

最近はメタボって言葉は廃れちゃったのかな?

それだけ、時代は変化しています。

パンツ一つとっても履き方ひとつで、イメージは変わります。

今一度、パンツの履く位置を確認してみましょう。

IMG_1080-e1434364018856

健康診断シーズンだからこそ、見直すチャンスですよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top