STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツはファストファッションなのか?

ターナー(土方)です。

スーツはファストファッションなのでしょうか?

今日のお題はコレです。

どうとらえるかは人それぞれの価値観ですけどね。

まずファストファッションとは何かの定義を決めておきましょうか?

WIKIより抜粋

ファストファッション(fast fashion)とは、最新の流行を採り入れながら低価格に抑えた衣料品を、短いサイクルで世界的に大量生産・販売するファッションブランドやその業態をさす。

もう少し

「早くて安い」ファストフードになぞらえて、2000年代半ば頃から呼ばれるようになった。2009年新語・流行語大賞のトップテンにも選ばれた。

価格を抑えるために、製造小売業(SPA)の形態をとっている会社が多い。

2015年までの10年で、日本国内では外資系のファストファッションの店舗数が倍になっており、日本人の着ている衣料品の45%が安物の衣類という状況になっている。

ざっとこんな感じでしょうか。

ファストファッションがダメとかのお話ではなくて、

スーツはファストファッションなのか?ってこと。

職業柄、そうである必要がある場合もあるでしょう。

果たして、すべてがそれでいいのか?ってこと。

そもそも、スーツ買う時の基準となるような指標がないですからね。

いくらならいいのかってことになっちゃいます。

細かな話は置いておいて、率直にいうと、あくまでも仕立屋としての意見ですが・・・

見るに堪えないスーツが基準になってしまっている気がします。

WIKIにもありましたけど、日本の約45%がファストファッションになっているというのは、あながち嘘じゃない気がします。

これはスーツにも当てはまるってこと。

ダメじゃありませんよ。

そういう時代なんですから。

スーツは作業着だから、なるべくコスト抑えたいのであれば、安く購入すればいいんです。

目的は間違ってないですよね?

でもね、

そこまでいかないけど、そこそこで、無難に収まる位を希望しているというのが、だいたいみんなが思っていることじゃないかなと。

じゃあ、そのそこそこのレベルのスーツって何?

これが今の時代のわかり難さだと思うんですね。

基準が欲しいと思うんです。

だって1万もしないスーツから、数十万円もするスーツがある時代ですからね。

オーダーメイドの世界でも、激安を謳うところもあれば、完璧な高額品のみを扱うところもある。

ちなみにボクは安売りではないほうに位置付けしています。

 

ということで、

スーツはファストファッションではありませんというのが、ボクの定義です。

ボクのスーツのね。

ボクのスーツは「営業支援スーツ」と標榜しているだけあって、スーツを着用するお仕事において、成績を上げていただくことを目的としています。

今の時代はもう黙っていれば売り上げが上がる、選ばれる、そんな時代ではないと思います。

広告にお金かけても反響が出にくい時代ともいえます。

そんな時代に、会社の看板だけでは選ばれなくなっているのではないでしょうか?

そう、これからは個の時代です。

自分自身の価値を、正当なる価値を正しく伝えていかないと選ばれなくなってしまいます。

どんなに素晴らしいスキル、実績、そして会社の看板があっても、それはなかなかアドバンテージにはなり難い。

なぜなら、そのサービスはどこにでもあるからです。

 

もし、新規のお取引をしようと思ったとき、二人の営業マンがいたとして、

身だしなみ、所作がキチンとした人と、

とりあえずスーツだけ着ている人とどちらを選びますか?

スキルやサービスが同じであれば、迷うこともないはずです。

今はそれだけ個を大事にしていかねばなりません。

その為には「身だしなみ」が大事にだと思いませんか?

身だしなみがキチンとしていると正しい所作が身に付きます。

話し込んでいけばわかるかもしれない人柄をわかってもらえる前に弾かれてしまっている。

だからこそ、ビジネスでスーツを着用するなら、その価値基準を上げてもらいたいんですね。

もし高いと感じるのであれば、投資として考えてもらいたいんですね。

今は極限までスーツの品質は落ちています。

だって、その品質でも利益出さなきゃならない位コストを削ってますから。

それを基準にしては、WIKIにあるデータの通り45%の中に埋もれてしまうだけです。

そこから抜け出してもらいたいって思いがあるので、長々と書いちゃいました。

 

よくわからなくなってきたので、まとめますね。

「スーツはファストファッションではありません!」

高額であればあるほどいいというものでもありませんが、今、ご自身がこんなものかな?って思っている価格があれば、その一つ上のクラス、出来れば二つ上の価値のあるスーツを基準にしてみてください。

必ず、それが成果として現れ、結果としてすぐに元がとれることでしょう。

スーツにはそれだけスゴイ力があるんですよ!

IMG_2612

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top