STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

プロに頼むということは?

ターナー(土方)です。

 

プロに頼むということは?

 

ちょっと思ったこと。

 

プロって何?

もちろんプロフェッショナルのこと。

じゃあ、プロフェッショナルとは?(Wikiより)

 

「プロフェッショナル (英:Professional)、略して「プロ」は、本来の意味は「職業上の」で、その分野で生計を立てていることを言い、「公言する、標榜する」が語源である。」

 

当たり前だけど・・・

改めて表記してみた。

 

その道で生計立ててれば、みんなプロ。

誰でもプロ。

金額の大小は関係ない。

プロになる。

 

ボクももちろんプロです。

オーダーメイドスーツの作成で生計を立ててます。

ご料金を頂いてます。

そして、それ以上の価値をご提供出来るように精進しています。

 

先日、プロのフォトグラファーに撮影をお願いいたしました。

 

IMG_0304

やっぱりその道のプロは凄いですね。

ボクも写真は好きなんですけどね。

ちょびっとカミングアウトすると、

高校時代は県の品評会?っていうのかな?

で、入賞したこともある。

 

でも、改めてプロとアマの違いを体感させていただきました。

料金以上の価値を提供しているってわかりました。

 

まず、技術はあって当たり前です。

オーダーメイドスーツの世界でもよくあるんですけどね、

未熟すぎるというか、知識、スキルがまったくないのに、

やたらビッグマウスなお店もある。

ま、まぁ素人ですわ。

お金を取るレベルじゃない。

でも、お客さまは、プロを期待しているし、それが当たり前だと思ってますよね?

ボクがお客さまの立場ならフツーそう思います。

 

なので、技術、スキルは大前提ってこと。

 

そこからが、プロってことなんじゃないかと。

それ以上の価値を提供出来るのか?

モノを販売するだけなら、誰でも出来る。

そのうちすべてが機械やロボットに切り替わるでしょう。

誰でも出来るモノ、サービスはヤバイでしょう。

そして、モノ、サービスは今現在でも十分に行き渡っている。

もうスマホ一つでなんでも手に入るし、

もうモノもサービスも求められていないじゃないかと。

 それらを踏まえた上で、価格以上の価値を提供出来るのか?

これがプロなんではないかと思ったわけであります。

 

で、

最初に戻ると、

プロのフォトグラファーというお仕事。

やっぱりすごいよなぁ。

被写体となる人物のいいところを、良さを、そして笑顔を引き出してくれます。

価格以上の価値ってこういうことなんかじゃないかということを、

体感したのであります。

 

ボクも改めて、

オーダーメイドスーツを通じて、価格以上の価値をご提供してまいります。

「営業支援スーツ」

っていうことがなんなのか?

オーダーメイドスーツって敷居が高いものじゃないってこと。

そもそもお洋服のお買い物をするのって楽しいよってこと。

それを益々高めていきたいと思います。

 

5D2_0391_R

そして、ボクも益々楽しんでまいります!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top