STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ブルーって色は画像の色の表現が難しいんです

【ブルーって画像で表現するのが難しいんです】

 

ブルー系、ネイビー系、

今、とっても人気です。

個人的にも、けっこうみなさんにお話しています。

 

しかし!

 

色が正確に映らない!

 

難しいんです。

コレ同じ生地なんですが、

 IMG_0309

 IMG_0310

少し角度を変えて映して見るだけで、まったく違う色になりますね。

 

デジタルだとブルーってうまく表現しにくいんです。

先日、プロのフォトグラファーの方とお話をしていたときに聞いてみたら、

やっぱり難しいとのこと、もっと難しいのは「紫」だそうです。

 

今の時代はデジタルカメラです。

デジタルだと正確に認識している領域を補正、調整することができるので、バランスを取ることが出来ます。

インスタグラムとかで、色補正がいろいろ出来るでしょ?

なかなか目に見える色をそのまま表現するのって難しいんですよ。

 

 

 

これ、もうちょっと発展した話にしましょうか。

「人に見える色も環境によって同じに見えない」

つまり、同じ色でも、季節、場所、そしてその時の心理状態によって変わるってことです。

 

何が言いたいのか?

 

色の力を有効に使いましょう!

男性の場合、とかく取りあえず無難な色で済ましてしまいがちですよね?

それを、相手の立場に合わせた環境に色を取り入れて、ビジネス、お仕事をした場合、

もう答えはわかりますよね?

 

色の力はすごく大事ですよ!

ホントです。

まさに、知っている人と知らない人は物凄く差が出ます。

知らな人は、全く気が付かない。

その差を実力や、内面の問題としてとらえてしまったり、

たまたまだとか、まぐれとかの偶然のせいにしてしまうのではないでしょうか?

違います!

デキル人はそれを有効活用しているのです!

 

ますます差が出ます。

 

でも、大丈夫!

このブログを見たあなたは幸運です。

だって、気付いたでしょ?

今からでも遅くありません。

さっそく行動しましょう。

まずは、朝何気なく締めている「ネクタイ」、少し意識してみてください。

自分の好みではなく、相手から見た時にどう思われたいか?

こんな感じでイメージした色柄でチョイスしてみてください。

 

そして、クロいスーツに

「あれ?」

と思ったら、

ボクまで連絡くださいね。

 

タイトルと関係なくなっちゃいましたが、いいですよね?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top