STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ベルトってどのタイミングで買いますか?

【ボクとしたことが、ベルトを忘れてしまいました】

 

別に急いでいたわけではないんです。

家を出て、最寄り駅に着いた時に気づきました。

おや?

やっちゃった・・・

 

いや~。いつも色々なコト考えながらの、ながら行動ってをしているんですが、

久しぶりにベルト忘れました。

 

その時思ったこと。

一度家に戻るか・・・

そのままで、ベルト買うか・・・

 

後者を選択しました。

で、時間がないので、安いの買ったら・・・

ベルトをはめただけで・・・

 IMG_0284

 いきなりよくないシワのようなものが・・・

ということになってしまった。

 

ふと、そこでベルトってどのタイミングで購入するのがいいのだろうか?

もとい、どのタイミングでみなさんはベルトを購入しているのか?ってことを考え始めました。

そもそもベルトって最近購入してます?

ベルトってなかなかそれだけで買いに行かないんではないでしょうか?

というより買わないアイテムだと思います。

結構年季の入ったベルトをずっとしている人も多く見かけます。

 

ということで、一度今自分がしているベルトを一度見直してみてください。

・ひび割れている、

・カサカサになっている、

・だいぶヨレヨレになっている・・・

などありましたら、買い替えの時期ですね。

思い切って、買い替えましょう。

 

次に、普段に切り替えるタイミングとしては、

シューズの買い替え、買い足しに合わせるといいと思いますよ。

ポイントは色を合わせやすいから。

 

革製品は、色味を合わせましょう。

ベルトとシューズは切っても切れない縁で結ばれているアイテムです。

この二つのバランスが揃うと、とってもオシャレになり、評判が上がります。

 

この辺を、切り替えタイミングにしてみてください。

ベルトって本当に買い替えないアイテムだと思います。

ちぎれそうなベルトをしている人も、結構見かけます。

マズイ・・・って思った人。

これをきっかけとして、行動してくださいね。

 

で、どのあたりのクラスのベルトが望ましいのか?

ある程度ブランドの名前がちゃんとしていれば大丈夫です。

普通のデパートの平場ってことではないですよ。

そのクラスだと、単にブランドライセンスを入手して作ってるだけの場合がほとんどです。

当たり外れがけっこうあります。

 

現実的にそんなにコストかけられない場合の選び方。

アッパーの革質も大事ですけど、

裏側を見てみてください。

最低でも、豚皮貼ってあるのが望ましいです。

もしくはヌバックになっているもの。ヌバックとは簡単に言うとザラっとした革のこと。

 

で、避けたいのは合皮みたいなやつ。

あればよくない。

裏がそれだった場合はすぐダメになります。

穴の部分がヒビ割れます。

締めにくいといったこともあるはずです。

 

そうそう買い替えないベルトだからこそ、

この辺をポイントにしてみてくださいね。

上着を脱ぐ季節に差がでますよ~!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top