STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツが決まったら、シャツも気にしてみよう!

こんにちは

 

スタジオ ココアッソ

 

代表の土方(うさぎのターナー)です。

 

襟元の見せ方が重要な季節になってきましたね。

 

春以降はシャツも気にしてみましょう。

 

せっかくスーツをバッチリ決めても、

その他のアイテムが残念ではもったいないです。

今回はシャツ。

 

スーツのシルエットは毎年微妙に変化しています。

既製服では、特にそれが顕著ですね。

 

ん?

 

そうなの?

 

と思うでしょ。

普通は気づかないけど、少しづつモデファイしてるんですよ。

いいか悪いか別として、ちゃんとしたメーカーさんはそうしてます。

諸事情により、変えてないところもありますけどね。

オーダーメイドの世界はどうかというと、

採寸する人間によって、いかようにもなります。

その人のセンスでいくらでも変わります。

 

ボクのベースは今の時代のスタイル。

そして、これから先古く臭く見えないように、

そして、着ていることが自信に繋がるよう調整しています。

そこで、今の時代のスタイルとしては、

シルエットの見え方として、中心のバランスがやや上方向になっている、

 IMG_0038

 こんな感じですね。

わかるかな?

にパツパツの寸足らずではなくて、釦位置などのパーツが上方向に位置していますよね?

 

今回はこの今の時代のスタイルに合わせるシャツの記事なので、

スーツの襟とのバランスのお話です。

スーツは上衿と下襟があります。下襟のことをよくラペルって言います。

このつなぎ目のことをゴージっていいます。

 DSC_2568

ここを高めにするのが今のスタイルなのです。

気づいているかな?

すると、これに合わせるシャツは今までと同じってわけにはいかないくなります。

何がいいのかの答えを先に、

IMG_0018

「 ワイドカラー」がオススメです。

 

襟元の横のラインのバランスが取れるのです。

すると、とてもまとまって見えるんですね。

レギュラーカラーでは、アンバランスに見えてしまいます。

相手から見たら、すごくカッコよく見える。仕事出来そうってイメージに思われます。(みんなプロでいらっしゃるでしょう)

もう、これだけで信用を得られたようなもんです。

ホントですよ。

自分がもし逆の立場だったら、そう思うはずです。

何事も初心が肝心ですからね。ファーストインプレッションで良いイメージをメモリーフックしてもらいましょう。

 

特に目を見て話すかたならいいですが、お相手さまも人の子です。

目を合わせられない人もいるはずです。

どこに視線をもっていくのでしょうか?

襟元ではないでしょうか?

また、そういう人向けのマニュアルにもそう書いてあるはずです。

 

ってことなんですよ。

オーダーメイドの仕立屋さん的には、もう少しバランスがあって、

ラペル幅とシャツのエリの幅のバランス、

あとはネクタイの幅、結び目の大きさのバランスも大事になっていきます。

 

あんまり難しく考えなくていいんですよ。

だいたい同じくらいの太さのバランスをイメージしておいてください。

それでオーケーです。

 

そんなんで、成績上がるのかよ!?

って思うでしょ?

手持ちのスーツ、シャツ、ネクタイで試してみてくださいね。

何かが違うかも?

って思ってもらえるはず・・・

効果がないじゃん!

って言う人は・・・

 

ココアッソにお越しくださいませ。

 

効果があるようにお作りいたします!

よろしくご検討くださいませ!

 

お問い合わせは、お電話、お問い合わせフォーム、Facebookでも受け付けております。

まずは、試してみてくださいね。

(あとは色、柄のバランスも大事ですよ)

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top