STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

春夏生地なのに、冬物よりも重たいスゴイ生地 これこそまさに「背広」

こんにちは

 

スタジオ ココアッソ

代表の土方(うさぎのターナー)です

 

【ザ・背広】

DSC_2530

スーツって言葉より、背広って表現が似合う生地。

 

この生地は、かなり迫力あります。

その存在感はハンパないです。

目付415gというとんでもない重さがあります。

春夏生地だとだいたい200~240gくらい、

秋冬生地でも、250~320あたりでしょうか。

これは何を表すのかというと、

通常生地の幅は1.5mあります。それを1m分の重さを表します。

この415gは、ほとんどコート生地並の重さです。

すごいです。

 

こんな生地はインポートでも、国産でもそうそうないです。

重ければいいってもんじゃないんですがね。

それだけ、しっかり打ち込んでいるすばらしい生地です。

 

しかも、この生地、

ウール51%、モヘア41%となっています!

 

モヘアとは、アンゴラヤギのヘアーのことです。

メリノ種などの羊ではありませんよ。

ヤギです。

このモヘアは極めて産出量が少ない。また安定しないんです。けっこう希少なレア素材です。

それを、トニック生地にして織り上げられています。

イメージとしては、古き良き英国生地といいましょうか。

 DSC_2531

パリッとした、まさに紳士の背広。

王道のど真ん中。

圧倒的な存在感を打ち出せます。

かなりの所有する満足感を得られるでしょう。

そして、日々のビジネススーツとして、最前線で活躍してくれること間違いなしです。

ココアッソのオーダーメイドスーツというのは、大事にとっておくスーツではありません。

そのようなコレクションスーツも作成しますが、

基本は日々の生活に使っていただけるスーツをお作りしています。

もったいなくて使えないスーツでは、仕立てる意味がありません。

だからこそ、毎日使えるからこそ(休ませながらです)

成績が上がるということの意味を体感していただけるんです。

 

このトニック生地、本来はHighLineにしたいところを、

あえて使いやすく、ComfortLineにしています。

ビジネススーツとして最適解の一つとおもっているからです。

ぜひ、試してもらいたい一押しの生地の一つです。

 

・ComfortLine

葛利毛織 日本製

 DSC_2194

 

かなりレアな生地です。

お早目がよろしいと思いますよ。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top