STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

葛利毛織 クズリケオリって読みます!

こんにちは

 

成績が上がるスタジオ ココアッソ

代表の土方(うさぎのターナー)です

 

春のコレクションの紹介です。

 

・ComfortLine

 

【葛利毛織】 クズリケオリ 日本製

 

創業100年を超える、

このボクが唯一認めている、日本の毛織メーカーさんです。

ここ以上の毛織メーカーさんは今のところないです。

人によって何を評価ポイントにしているかは様々ですが、

わたしが、どうして日本で最高の毛織メーカーさんだと思っているかというと、

 

物凄く、誠実で、丁寧です。

 

なんといいますか、商売っ気がないのか?と思えるくらいとても誠実なモノづくりしてくれています。

 出会いは、前職のコナカからです。

社長の葛谷さんは、本当にいい人です。

正直を絵にかいたようなすばらしい方です。

そこからのご縁んをいただいて、今もお付き合いをさせていただいています。

規模にすると、ここで書くのもなんですが、大きな大量生産してるわけではないです。

 

これはですね、

低速織機、ションヘルといいます。

620_04

これを使って、本当に丁寧に織り上げてくれています。

この織機はドイツ製で、これを扱えるのはもう日本ではほぼ皆無ではないでしょうか?

というよりもうほとんど現存してないはずです。

 

オートメーション化はこの繊維産業にも浸透し、ほとんど全自動で安定して、高速で織り上げることが今の時代には可能なんです。

例えば、緯糸をいれる、シャトルってよばれるヤツ。左右に交互に動かすやつですね。

あれは、今ははエアーや水を飛ばして高速化してるのですよ。

ハンパないスピードで、人がやるよりも正確です。

 

しかし、そういった自動化をしないで、手間をかけて作っているのが葛利毛織です。

しっかりとした打ち込み、またデリケートなものまで、ほぼ手作業だから作ることができます。

すごいでしょう?

 

そこに惚れ込んでいるのです。

日本で唯一ボクが認めた毛織メーカーさんです。

みなさんにも体感していただいたいと思ってます。

 

本来は、

High Lineでもいいと思ったのですが、

あえてお仕立てしてもらいやすくComfortLineにしました。

 

今回の春夏コレクションのオススメは、

・モヘアブレンド系です。

DSC_2197

ヒジョーに!!コシがあります。サラサラしてるのに、コシがある。

段々と蒸し暑くなる季節になると、スーツがヨレヨレになってしまいがちです。

いつでもシャキッとしていたい、ベタつきたくないってお仕事に最適です。

 

・フレスコ織もあります。

DSC_2198

これを織るインポートを最近見たことがないです。

通気性が最高です。手間のかかる織り方ですから、コストかかるんです。みなやりたがらない伝統的な織り方です。

真夏まで着用できるすばらしい織物。

 

・シルク100%!!!

DSC_2199 

シルク100%の織物はそうそうありませんよ。

しかもサッカー生地です。このサラサラのデコボコ感はこれからのシーズンのジャケットに最適でしょう。

 

正直なところ、色、柄は地味なほうです。

発色の良い、トレンド感のある生地という意味ではインポート系の生地に軍配が上がります。

この葛利毛織はモノの本質がわかる人向けでしょう。

まずは、ぜひ触れてみて欲しい、

感じてみて欲しい良質生地です。

DSC_2196

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top